料金がドル表記な理由

最終更新日:2018年8月1日

料金がドル表記な理由

DTIなどの一部の有料アダルトサイト(円とドル両対応)を除き、無修正アダルトサイトの料金表記は基本アメリカドルです。

 

なぜこのような紛らわしいことになっているかといえば、無修正動画って違法じゃないの?の項目に関係があります。

 

無修正動画を日本国内から配信すると完全に違法ですが、アメリカの会社としてアメリカから配信すると現地の法律が適用され合法となっています(アメリカは無修正ポルノは違法ではありません)。

 

つまりは無修正rアダルトサイトというのはアメリカの会社の運営もと配信されているので、英語表記がされていたり料金がドル表記になるのは当然の流れになります。

 

 

ドルでの支払いはどうすればよい?

 

これはまず浮かんでくる疑問です。この点に関しては心配いりません。使用するクレジットカード(デビットカード、Vプリカも含む)で自動的に円に変換され引き落とされます。

 

引き落とし当時の為替レートに従い、円での金額が決定されます。

 

以上が理由で現金のドルを用意する必要はありませんし、銀行へ行き両替の手続きも不要です。

 

 

一部DTI系列サイトでは円ドル両対応

 

最初にも触れましたがDTI系列サイトであるカリビアンコムHEYZO一本道天然むすめパコパコママ金髪天国では円&ドルの決済に両対応していますので非常に便利です。

 

為替の状況を見てどちらで決済するか判断してください。目安は1ドル=100円がラインです。円高であれば円決済がお得で、円安であればドル決済がお得です。

 

ちょっとした裏技なので上記サイトに入会する際に参考にしてください。