※アメリカ国内法により21歳未満の方の閲覧はご遠慮ください

最終更新日:2018年8月1日

アダルトサイトよく見る用語についての説明

アダルトサイトを利用する上で様々な専門用語を目にする機会があるかと思います。

 

大体アルファベットの組み合わせで何を意味しているのか分からない事が多いです。

 

よくある質問として頂いたものを掲載しています。参考にしていただければ幸いです。

 

 

kbps

 

有料アダルトサイトを徘徊中目にすることも多いこのアルファベットの羅列。一体何の略かと言いますと「kilo bits per second」です。

 

本来の意味はデータ通信の速度を表す単位のことを指します。1秒間(per second)に何キロビット(kilo bits)のデータを送れるかを意味しています。

 

転じて画像の質をはかる際に目安となります。例えば1,000kbps〜2,000kbpsくらいが平均的と考えます。

 

3000くらいだと高画質、5000くらいだと超高画質と考えて頂けたら理解しやすいと思います。ただこれはあくまでデータの転送量を示すものであって

 

動画自体の画質は撮影状況、機材などによって変わってくるものです。サンプル動画があるものはまずそちらで確認するのが良いと思います。

 

 

DRM

 

「Digital Rights Managements」の略称で、著作権保護を目的としたテクノロジー。
最近はあまり見かけなくなりましたが、サイトによってはDRMで保護された動画を配信しているところもあり、入会前に確認が必要です。DRMが掛かっている動画ファイルをダウンロードした後、観る場合にはIDやパスワードを入力する必要が出てきます。一番の問題は退会後に視聴が出来なくなってしまうので、ダウンロードした後も動画を楽しみたい方はサイトで扱っている作品がDRMがかかっているかどうか詳しく調べる必要があります。

 

 

PPV

 

「Pay Per View」の略。見たい作品だけに対し料金を払い視聴する料金体系。対義的な意味としては月額課金制。Hey動画DUGAMGS動画などが主なPPVの有料アダルトサイトに該当します。

 

月額定額制とPPVの違いを知るのページにて各サイトの詳細を説明しています。

 

 

720p 1080p

 

高画質の目安となる数字。pはプログレッシブ(順次走査)の略。
720pだと1280pixel×720lineの有効画素が順次走査 (progressive scan) 方式の動画。
1080pだと1920pixel×1080lineの有効画素が飛び越し走査 (interlace scan) を表します。

 

 

コンテンツマーケット

 

画像や動画の売買を目的としたサイトです。投稿者が素人な事が多く、制作会社の作品とは異なり個人的な(プライベートポルノ)動画が多く揃っています。
そのため素人系や盗撮系のジャンルの動画が充実していて人気です。お宝が眠っている可能性が高く、ファンが多数存在する人気投稿者が存在します。

 

DIGITENTSFC2コンテンツマーケットが該当します。作品ごとに購入していく仕組みでPPV形式のサイトともいえます。

 

 

ジャンル別の有料アダルトサイトを徹底比較

 

⇒無修正の有料アダルトサイトの比較一覧

総合系サイトの比較詳細 有名AV女優の作品を中心に、幅広いジャンルを楽しみたい方向け
素人系サイトの比較詳細 撮影慣れしていない素人モデルに興奮する方におすすめ
熟女系サイトの比較詳細 妖しいフェロモンや色気を放つ熟女に魅力を感じる方向け
盗撮系サイトの比較詳細 トイレ内やスカートの中身、素人のセックス等の盗撮物を求める方へ
凌辱系サイトの比較詳細 凌辱、SM等激しく責め立てられる女性を見ると興奮する方へ
エロアニメ系サイトの比較詳細 2次元アニメの世界観にハマる方向け
ゲイ系サイトの比較詳細 ガチホモ、男同士の雄交尾に興味津々の方へ
フェチ系サイトの比較詳細 手コキ等の特定の行為やパイパン等の肉体的特徴に興奮する方向け
洋物系サイトの比較詳細 金髪でグラマラスなポルノスターに興味のある方向け